太陽光発電の価格ナンバーワンを目指す【オレンジエコ】大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山

サイトマップ | 運営会社 | お問い合せ

無料診断・お見積り

フリーダイヤル: 0120-137-937
受付時間:9時~17時(土日祝を除く)

サイトメニューへ 本文へ

お知らせ

2011/04/02

H29年度の太陽光発電の電力買取り価格が決定しました!

買取説明ページトップ 

太陽光発電の余剰電力に対する買取り額が決定しました!

太陽光発電システムにより家庭で作られた電力のうち、余った電力を売電することができます。

 (2017年4月~2018年3月) 

【平成29年度の価格表(調整価格1kWh当たり)】
太陽光10kW未満
余剰買取ダブル発電・余剰買取
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり
調達価格28円30円25円27円
調達期間10年間

 

太陽光10kW以上
平成28年
調達価格21円
調達期間20年間

 


葉っぱ 二酸化炭素の排出量を抑えられるので低炭素社会に貢献
太陽光は、ほぼ無限に降り注ぐクリーンなエネルギー。化石燃料の利用による二酸化炭素の排出量を抑え、低炭素社会を実現するためにも、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーの普及が重要です。
太陽光発電が地球にやさしい理由って?
ひまわり 買取対象は余剰電力
太陽光発電システムで作られた電力のうち自家消費せずに余った電力が買い取り対象となります。
すでに設置された太陽光発電システムも対象となります。

ひまわり 買取期間は10年間で買取価格は固定
設置する用途や年度毎に買い取り価格は異なりますが、それぞれ価格を10年間固定して買い取りが行われることになります。※3
※3 発電設備に変更がない場合

ひまわり 全員参加型
余剰電力の買取費用については、電力を使用する方々全員で薄く広くご負担いただくことになります。
標準的な一般家庭の場合、一か月あたり数十円~100円未満の負担です。


葉っぱ エネルギー源の多様化へ貢献
家庭への太陽光発電システムの導入により、「自宅の電気を新エネルギーでまかなう」ことができるようになります。
さらに国単位での導入量を増やすことで、エネルギーセキュリティーの観点からエネルギー源の多様化に貢献できます。
 

葉っぱ 経済効果が大きく、幅広い雇用効果が期待
太陽光発電は、材料メーカーから販売、施工会社まで関連産業が幅広く、経済効果の面でも注目されています。また、太陽光電池の製造から、販売、施工に至るまで裾野の広い雇用が期待されます。

 

買取り制度Q&A


Q.買取価格は地域ごとに一定ですか?
A. 買い取り価格は、全国一律です。

Q.今後、買取価格は変わりますか?
A.買取価格は契約申し込み時点の価格で10年間固定されます。(発電設備に変更がない場合)。
ただし、契約申し込み年度によってその買取価格は変わります。

Q.買取価格はどのように決まりますか?
A.買取価格については、太陽光発電システムの普及状況やシステム価格の動向を
見ながら毎年見直しを行っていきます。

Q.買い取りにかかる費用は誰が負担するのですか?
A.電気を使用される方々に薄く広くご負担いただくことになります。
  なお、負担の開始時期は平成22年4月1日からになります。


太陽光発電システムの新たな買取制度の詳しい説明は
「なっとく!再生可能エネルギー」をご覧ください。

※システム設置の際の強引な勧誘や制度についての誤った説明等には十分にご注意ください。

無料診断・お見積・お問い合せ

  • 無料診断・お見積
  • お問い合せはこちら

フリーダイヤル:0120-137-937 お電話でも受け付けております。受付時間:9時~17時(土日祝を除く)